地区R財団奨学生・GSE・学友委員会

委員長  佐々木 文造


 2年連続で委員長を拝命されました。
前年度は初体験であり不安な状態での船出でしたが諸先輩や関係者のご指導とご協力をいただき、オリエンテーションの開催、選考試験の実施、R財団セミナーと地区協議会R財団部会サブリ一ダー等予定スケジュールを消化できました。

 今年度は、その経験を生かして活動したいと考えています。
活動の中でも特にR財団奨学生を選考する役目は、大変重い責任を感じます。外国の大学に留学し専門の学問を更に学び自己研鑽に勤め、役立てようと目標をしっかり持った優秀な若者達がチャレンヂしてきます。
 いずれもロータリーが求める「国際親善使節」として世界平和と国際理解を推進する役割を充分果たせる素質を持っていますので応募者全員を合格させたいのですが、財源が不足です。

R財団寄付額により留学生の人数が決まるので、地区内ロータリアンの現在の寄付額では、2〜3名が限度です。ロータリアン各位の絶大なご協力を切にお願いいたします。
 現在までの奨学牢は、8ヵ国へ74人留学しています。このうち青森県内在住者は、13名です。