「全国会員増強委員長会議」報告

 

地区クラブ拡大・会員増強委員長 松本康子


2003年11月28日(日) 11:00〜15:30
芝高輪プリンスホテル パミール館


 全国で会員減少の対策に苦慮している現状の中、退会防止は勿論の事、若手会員、女性会員の勧誘に努力している様子が伺えました。また、家族委員会を設立した地区が2〜3地区程あり、ロータリー家族の理念のもと家族委員会のもとにクラブ奉仕、会員増強、広報等、共に足並を揃えて行動している等、少しずつ新しい活動のあり方に移行している様でした。

●RI会長 ジョナサン・マジェアベ 「地域の繁栄と女性会員の増強」

●菅生浩三RI理事 「会員減少より質が問題」

●田中作次RI理事 「クラブの運営、人間関係の対策を考慮」

●南園義一RI理事エレクト 「毎年5,000名減少。具体的な方法、方策を考え出す事が大切」

●黒田正宏コーディネーター 「退会防止と会員増加」
「世界と日本のRC集計報告」

「会員の減少傾向の原因」
1 仕事が前より厳しく忙しくなった。
2 健康上の理由、高齢の為。
3 家族の介護や家庭の事情。
4 会員同士の親睦の欠如。
5 奉仕のプロジェクトに興味を感じない。
6 会費、その他。

 「減少の傾向の背景」
1 ロータリーの変化。
2 長引く不況や地域の過疎化。
3 社会構成の変化。
4 少子高齢化。
5 情報伝達の変化。(ITの変化)
6 価値観の多様化。

「退会の理由」
1 ロータリアンの配偶者、家族が誇りに感じていたが。
2 費用がかかり過ぎる。
3 ロータリーでの時間がかかり過ぎる。

「退会防止」
1 例会での声がけ、挨拶、雑談、冗談を。
2 相互の扶助のあり方、人間関係。
3 ロータリーの情報を徹底させる。
4 例会のプログラムのマンネリ化を防ぐ。
5 費用の事。

「入会への勧誘」
1 クラブ会長を中心に各会員が入会に適し、ロータリーの活動に適した方。
2 広報を十分にする。
3 会員でない人々にもロータリーを分かりやすく説明する。
4 地域住民との情報交換。

「退会防止試験的プログラム実施。世界102RC、日本27RC」

●自由討議「まとめ」第2790地区 渡辺隆 (習志野)
 女性会員も企業家として見て頂きたい。
 会員が評価する自己中心的でなく、外部の人からも評価を受け、理念を失わず現実的な対応を。

前ページ 月信No.7ページ 次ページ