第25回インターアクト指導者講習会

地区インターアクト委員長 夏井 光男

 

 第25回I・A指導者講習会は9月27日(土)、ホテルサンルート五所川原で行われた。
五所川原第一高等学校IACをホストとし、提唱RCである五所川原中央RCの支援のもと10のIACと13名の顧問教師、18のRCが参加し、総勢173名が登録された。
 五所川原第一高等学校IACの下山貴容子会長の点鐘で開会し、来賓、RC、顧問教師、参加IAの紹介に続き、主催者として、島村吉三久ガバナー、夏井IA委員長の挨拶。五所川原第一高等学校IAC下山会長。對馬五所川原中央RC会長の歓迎の言葉。来賓の成田守 五所川原市長、浅利孝一 五所川原第一高等学校校長よりご挨拶を頂き開会式を終了した。

 歓迎セレモニーでは、五所川原第一高等学校の津軽三味線演奏。少林寺拳法演武(全国一位)を披露して頂きました。
 続いて、各校の活動報告(代表で、青森山田高等学校、弘前聖愛高等学校、五所川原第一高等学校)をしました。講演では、五所川原市経済部観光物産課の三上真輝主幹より、[立倭武多について]のお話と、会場を移動し、立倭武多製作所にて紙貼り体験させて頂きました。 殆どの参加者が立倭武多を見るのも初めてで、それを実際体験できた事に、感動していました。

 最後に島村吉三久ガバナーより総評を頂き、夏井IA委員長より次回の開催のホストクラブ青森山田高等学校IACを紹介し、実り多き指導者講習会を終了した。


職業奉仕セミナー

地区職業奉仕委員長 成田 正義

 五所川原市「プラザマリュー五所川原」に於いて、9月23日午後1時より、職業奉仕セミナーが開催されました。
 島村ガバナーのあいさつで始まり、ホストクラブ(板柳RC)の工藤会長あいさつ、そして杉浦パストガバナーの講話がありました。
 休憩のあと、講師 渡部忍氏による基調講話「今こそロータリーの職業奉仕の真髄を真剣に考えてみよう…これでいいのか職業奉仕…」に続き、質疑応答の後、閉会いたしました。



米山フォーラム報告書

米山奨学委員長 山崎 悟郎

 10月の『米山月間』に向けて、地区内各クラブのロータリアンの米山奨学事業に対する理解と認識を高め寄付増進に寄与することを目的として企画された、『米山フォーラム』が去る9月20日(土)青森市の青森グランドホテルにて開催されました。
 当日は島村吉三久ガバナー、工藤徹也パストガバナー((財)ロータリー米山記念奨学会理事)、川口章五郎ガバナーエレクト、江良昭次・種市良博ガバナー補佐をはじめ、地区内25クラブ47名の参加を戴き、盛会裏に終了致しました。
 年々米山奨学事業に対する関心や協力度合いが高くなって来ている現状は、大変喜ばしい事でもあり又心強いものを感じます。

 当日のプログラムは
(1) 昼食をとりながらビデオ「ダイジェスト米山」の放映
(2) 工藤徹也財団理事(PG)による米山奨学事業の概要の講話
(3) 張慧英米山奨学生のゲストスピーチ
(4) 石橋司八戸RC米山奨学委員長の世話クラブ・カウンセラーからの提言
(5) 地区米山奨学委員長からの地区米山奨学事業の現状と『よねやま』全般の解説
(6) 参加ロータリアンからの意見発表と質疑応答
(7) 島村吉三久ガバナーによる講評
 と中身の充実したフォーラムとなりました。
 特に張慧英米山奨学生(弘前大学教育学部4年、台湾出身、世話クラブ:弘前西RC)のゲストスピーチ『米山奨学生として私の感じたこと』は流暢な日本語での素晴らしい内容の発表でした。又登壇者、発言者各位のそれぞれの立場での的を得た発言・意見は今後の米山奨学事業の展開と対処に有意義な示唆を与えてくれたものと確信します。

 最後に、委員長スピーチの中でも申し上げましたが、地区米山奨学事業のポイントは
@ 地区内の各地の大学より奨学生が誕生するよう、働き掛けチャレンジを促す。
A 米山奨学事業に対して、より以上の理解と認識を深めてもらい、地区内の多くのロータリアンの協力を得て、寄付増進の気運を盛り上げる。
B 米山奨学生と世話クラブ以外のロータリークラブとの積極的な交流を図り、学生を通して国際交流や異文化理解に貢献できるチャンスを出来るだけ多く持つ。
 等の理解と協力をお願いしてフォーラムを終了致しました。

 関係者各位のご協力に心より感謝を申し上げ、報告と致します。


青少年交換
派遣候補決まる

地区青少年交換委員長 小山内 幹浩

10月4日に行われた地区青少年交換学生選考試験合格者3名、及び、昨年度合格で2004年派遣予定者1名が決定いたしました。

氏 名 高 校  ホストRC 
 横町 みなみ   聖ウルスラ 
藤田 茜 弘前中央 弘前
洞内 みな子 八戸 八戸南
川村 望 三本木 十和田東

地区行事報告の写真や公演内容は、まとまり次第、ホームページにも掲載していきますので、そちらもご覧ください。

前ページ 月信No.5ページ 次ページ