2003−2004年度ネパール訪問報告

国際ロータリー第2830地区PDG 関場慶博

 

[参加者] 関場慶博PDG、竹内通昭(青森東RC会長)、千葉忍(アジア親善委員)、田名部沙織(弘前RAC)、川村大輔(弘前RAC)、高田直樹(弘前RAC)

体重係の田名部弘前RAC会長
 
マッチンググラントで造られた市内の公園
 
大好評だったアクターの人形劇
 
ポリオワクチン投与活動へ参加
 
ディーサービスセンター
 
ネパール訪問参加者
 
 
[日程]
12月29日 成田 → シンガポール   シンガポール泊
12月30日 シンガポール → カトマンズ   カトマンズ泊
12月31日 ゴダワリ農場視察   カトマンズ泊
1月1日 アネコット村へ移動 タマン農場泊
1月2日 カリカ小中学校での学童健診、午後からドュリケルへ移動してドュリケルRCクラブ協議会に出席し今後のマッチンググラントプロジェクトの検討、
その後English Boarding Schoolでローターアクターが人形劇上演と日本伝統の遊びなどの日本文化の紹介および交流会、夜は懇親会     ドュリケル泊
(ローターアクター3名はドュリケルRC会員宅にホームスティ)
1月3日 ポリオワクチン投与活動参加、ドュリケルRC例会出席、完成したマッチンググラントプロジェクトの視察、ディーサービスセンター訪問   カトマンズ泊
1月4日 市内観光                カトマンズ泊
1月5日 クアラルンプール経由で関場、竹内帰国
1月6日 バンコック経由で千葉およびアクター3名帰国

[活動報告および現地でのニーズ]

  1. ネパールの治安状況
     ネパールの国内の治安状況は、西部ではマオイストのテロ活動が散発的に続いているものの、カトマンズおよびその周辺、東部は安全である。

  2. アネコット村の現状および必要とされる援助
     3年ぶりに訪れたアネコット村は、夏の豪雨のため道路があちこちで破壊されていた。道路補修は今後も継続した重要な課題であり、当地区でのサポートが必要とされる。
     カリカ小中高等学校(第1学年〜第10学年)の生徒数は450名で先生の数は10名(5名は公務員で残り5名はPTAがお金を出し合って雇用している)。しかし、生徒の親が出せるお金には限度があり、タマン夫妻がその多くの部分を担っている。タマン夫妻の貯えにも限りがあり、今後も教員補填のための援助が必要とされる。

  3. カリカ小中高等学校での学童健診
     当日出席した学童350名の健診(身長、体重、視力、内科診察)を実施しました。データ処理が終わりましたら、近いうちにしかるべき場所で発表したいと思っています。

  4. ドュリケルRCとのマッチンググラント
     Dhulikhel RCと第2830地区とのマッチンググラント16318(ドュリケル市内緑化プロジェクトの成果を見てきた。市内に6つの公園が完成しており、市民と観光客の憩いの場になっている。

  5. ローターアクターによる人形劇・日本伝統の遊びの紹介活動
     ドュリケル市内のEnglish Boarding School(英語とパソコンを教えられる私立のエリート中高等学校)で、弘前RACの3人が人形劇(タマン親子さんが通訳)を披露し、ネパールの青年たちに深い感銘を与えた。
     今後もインターアクター、ローターアクターの親善ワークキャンプをネパールで実施することは、青少年健全育成上たいへん有意義であると考えるし、25年にわたり農業支援を続けてきた地区の財産を生かす道だと思う。

  6. ポリオワクチン投与活動への参加
     私たちは、ドュリケル市内および周辺の村でのNID(国内ワクチン一斉投与日)に参加した。とにかくこの地上からポリオを撲滅するためには、インド、パキスタン、アフガニスタン、ナイジェリアから一刻も早くポリオを駆逐することが急務である。

  7. ドュリケル市内ディーサービスセンター見学訪問
     ここは、ヒンドゥー教のお寺を利用して、週一回土曜日、身寄りのないお年寄りや1人暮らしのお年寄りを集め、お茶や食事を提供している。
     ドュリケルRCの会員がポケットマネーを出し合って運営している。ドュリケルRCではマッチンググラントを利用して、新しいディーサービスセンターの建設を計画している。

[終りに]
 わが地区にとってネパール国アネコット村タマン実験農場は、今後も大事にしていかねばならないたいへん特別な存在であります。
 25年にわたって続けてきた農業支援の成果を維持・発展させて行くためには、今後も継続した親善活動、また時としては重点的な助成支援活動も必要なことが今回の訪問でわかりました。
 私たちは、先人ロータリアンが残してくれた遺産を引き継ぎ、そして今後も発展させていく責務があると思います。



*ページの都合で、報告書と写真の一部を割愛させていただきました。
 HPの行事報告のほうに、後日、全文いたします。

前ページ 月信No.8ページ 次ページ