アデ・マジィアベRI会長夫人のご逝去を悼んで    


 数週間前に起こった脳卒中のため、ジョナサン・マジィアベRI会長エレクトのアデ・マジィアベ夫人が、2003年6月6日、英国イングランドにおいて逝去されました。
夫人の思いやりとユーモア、ロータリーへの献身ぶりは、ロータリー内においてよく知られ、愛されるところでした。

 故国ナイジェリアでは、奉仕団体インナーホイール(Inner Wheel)に所属し、アデ夫人はそこで積極的に活動し、国際インナーホイールの理事を務めました。 また、保険の損害査定人を生前の職業とし、教会の聖歌隊で歌い、裁縫やファッションデザインを楽しんでいました。
夫人は、息子のジョン氏を残して亡くなりました。

 アデ夫人の葬儀は、6月13日(金)午前11時半から、英国ロンドンN16ストーク・ニューイングトン、ベチューン通りのセントアンドリュース教会で開かれました。
マジィアベRI会長エレクトへの弔辞は、RI世界本部の会長室にお送りください。

 また、アデ夫人の遺徳を偲び、ロータリー財団では、“Ade's Hope Fund for the Education of Women and Children(女性と子どもたちのためのアデ希望基金)”として追悼の寄付金を募ります。
問い合わせは、P.O. Box 75133, Chicago,IL60675-5133まで。



前ページ 月信No.1ページ 次ページ