第25回インターアクト指導者講習会

地区インターアクト委員長 夏井 光男

 第25回I・A指導者講習会は9月27日(土)、ホテルサンルート五所川原で行われた。
五所川原第一高等学校IACをホストとし、提唱RCである五所川原中央RCの支援のもと10のIACと13名の顧問教師、18のRCが参加し、総勢173名が登録された。
 五所川原第一高等学校IACの下山貴容子会長の点鐘で開会し、来賓、RC、顧問教師、参加IAの紹介に続き、主催者として、島村吉三久ガバナー、夏井IA委員長の挨拶。五所川原第一高等学校IAC下山会長。對馬五所川原中央RC会長の歓迎の言葉。来賓の成田守 五所川原市長、浅利孝一 五所川原第一高等学校校長よりご挨拶を頂き開会式を終了した。

 歓迎セレモニーでは、五所川原第一高等学校の津軽三味線演奏。少林寺拳法演武(全国一位)を披露して頂きました。
 続いて、各校の活動報告(代表で、青森山田高等学校、弘前聖愛高等学校、五所川原第一高等学校)をしました。講演では、五所川原市経済部観光物産課の三上真輝主幹より、[立倭武多について]のお話と、会場を移動し、立倭武多製作所にて紙貼り体験させて頂きました。 殆どの参加者が立倭武多を見るのも初めてで、それを実際体験できた事に、感動していました。

 最後に島村吉三久ガバナーより総評を頂き、夏井IA委員長より次回の開催のホストクラブ青森山田高等学校IACを紹介し、実り多き指導者講習会を終了した。