Home>2005-2006年度RI会長紹介

《ロータリー略歴》
2004-05年度 RI会長エレクト
1996-98年度 国際ロータリー理事
1997-98年度 RI財務委員会委員長
1997-98年度 RI監査委員会副委員長
1998-00年度 RI監査運営審査委員会委員
1987-88年度 地区ガバナー

 2005-2006年度国際ロータリー会長紹介 
 
Rotary International

2005-2006 District Governor's Office

Home

地区情報 ロータリー財団 クラブ奉仕 職業奉仕 社会奉仕 新世代奉仕 国際奉仕 米山記念奨学会 IT

    District 2830

Nakamura Bldg 2F, 31-1 Hyakkoku-machi, Hirosaki, Aomori, Japan 036-8086
phone: 0172-32-8085 fax: 0172-32-8086 e-mail: rid2830@abeam.ocn.ne.jp

A Global Network of Community Volunteers

カール・ヴィルヘルム・ステンハマー氏は、国際的な製品の食品ブローカーであり、ガストF・ブラット社の元オーナーです。ビジネスで活躍していた頃、ステンハマー氏は世界中を回りました。さらに、同氏は数社の理事および地元の私立学校の理事長を務めてきました。

ステンハマー氏は、1974年以来のロータリアンです。氏は入会後すぐにロータリーのあらゆるレベルの活動に参加し、クラブ、地区、そして国際レベルで数多くの役職をこなしてきました。地区では、青少年交換委員会、会員選考委員会、スウェーデン・ロータリー青少年交換財団などの委員長を歴任しました。また、氏が所属する地区の国際ロータリー奨学金財団の会計を担当し、1987-88年には地区ガバナーを務めました。

青少年奉仕委員会に任命された1991年、同氏はロータリーへの国際奉仕を開始し、1993年には同委員会の委員長、そして青少年奉仕実行グループの地域コーディネーターを歴任し、数々の国際ロータリー研究会のモデレーターを務めました。同氏は、フィンランドからアフリカまでの地域、米国、そしてインドまで、数多くの地区大会にRI会長代理として派遣されました。1996-98年度にはRI理事を務め、それ以来、執行委員会のメンバーや財務委員会委員長、監査委員会の副委員長などを歴任しました。

1998-2000年度には、RIの監査運営審査委員会の委員に、2001年にはサンアントニオ国際大会委員会の委員となりました。同氏はまた、1999-2000年度地域雑誌編集者セミナーのモデレーター、2000-04年度ヨーロッパおよびRIBI恒久基金委員会の委員長、ストックホルムで開かれた2003年度会長主催祝賀会議の議長、2003-04年度識字および教育推進グループの総コーディネーター、国別ポリオ・プラス担当顧問、およびポリオ撲滅提唱グループのメンバーを務めました。

ステンハマー氏は、1935年1月16日、スウェーデンのイェーテボリに生まれました。1962年にモニカ夫人と結婚し、2人の息子、そして2人の孫息子と孫娘が1人います。ステンハマー氏はロータリー財団の大口寄付者およびベネファクターです。