Home>2007-2008年度RI会長紹介

 2007-2008年度国際ロータリー会長紹介 
Rotary International

2007-2008 District Governor's Office

    District 2830

A Global Network of Community Volunteers

親愛なる同僚ロータリアンの皆さん

 自分が国際ロータリー(RI)会長を務める年度のテーマを選ぶというのは、RI会長となる人々の特権です。それぞれの会長にとって、その奉仕の年度に先立ち、自分がロータリーをどのようにとらえているかを簡潔に要約し、メッセージを伝え、そして、世界中のロータリアンたちにやる気を起こざせるテーマを見つけるというのは、やりがいのある仕事です.

ごく自然な選択

 ビル・ボイド直前会長は「率先しよう」を選びました。これはすばらしく適切なテーマでした。私たちの地域社会が必要としている「名士ではなくヒーロー」として奉仕しようというタイムリーな呼びかけは、私たち全員を奮い立たせました。そして、彼のリーダーシップは、私たちにより強力なロータリーをもたらしました。
 私にとって、2007-08年度のテーマ「ロータリーは分かちあいの心」は、ごく自然な選択でした。私は常日ごろ、ロータリーの神髄は分かちあいにあると感じていたからです。

障壁に立ち向かえる資質

 私たちは皆、自分がもっているものをほかの人々と分かちあい、私たちの友情と親睦をほかのロータリアンたちと分かちあうためにロータリーに集いました。私たちは質の高い新しい会員をクラブに連れてくることでロータリーを分かちあい、若者に焦点を当てることで次の世代の人々とロータリーを分かちあいます。
 ロータリアンたちは、分かちあえるものをとても多くもっています。職業分類システムによって、それぞれのクラブがあらゆる分野にわたる事業と専門職としての技能を備えていることを請けあっています。それぞれのロータリークラブには.才能、技術、それに能力が無限に広がっています。もし、意思と意欲があれば、それぞれのクラブは、どんな障壁にも立ち向かえるだけの資質を備えているのです。

イエス、イエス、イエス

 今年度、私は皆さんに、ロータリアンとしてのチャレンジにイエスと返事をするようお願いします。保健、識字率向上、水、それにロータリー家族という今年度の強調事項を通して、私たちはとても広い範囲の奉仕の機会をもつことになります。これらのプロジェクト、これらの可能性、これらの開かれた扉は、来たるべき何か月かの間、私たちを待ち受けています。私たちに求められているのはイエスということだけです。
 イエス、私はそのアイデアをプロジェクトにします。そして、そのプロジェクトを完成に導くでしょう。
 イエス、私は自分の技能や時間、資源をクラブや私の援助を必要とする人々と分かちあいます。
 イエス、私はクラブに新会員を入会させることで、ロータリーを分かちあいます。
 私たち自身の最高のものを、私たちのクラブ、私たちの地域社会、そして世界とともに分かちあいながら「ロータリーは分かちあいの心」を実証するこの一年間を、私は楽しみにしています。

 ロータリー経歴

1967-68年度 カナダ・トレントンRC会長
1971-72年度 第707(現7070)地区ガバナー
1992-94年度 RI理事
1993-94年度 RI副会長
1997-01年度 ロータリー財団管理委員
2002-04年度 ロータリー財団管理委員
2006-07年度 RI会長エレクト
ロータリー財団功労表彰
ロータリー財団特別功労賞
ポリオのない世界のための奉仕賞
RI超我の奉仕賞
現在はクラブの会員増強委員会に所属
そのほかRIと財団の役職は以下の通り。
<委員長>
・ロータリー財団寄付増進委員会
・ロータリー財団財務委員会
・クラブの発展と改善グループ
・2005年シカゴ大会委員会
<その他>
・ロータリー財団(カナダ)会長
・長期計画委員会副委員長

〔RI会長紹介

ウィルフリッドJ.(Wilf)ウィルキンソン
Wilfrid J.(Wilf)Wilkinson

カナダ・オンタリオ州トレントンRC

ロータリーは分かちあいの心