Home>ガバナー・エレクト紹介

 2007-2008年度国際ロータリー第2830地区ガバナー・エレクト・メッセージ  
Rotary International

2007-2008 District Governor's Office

Home

地区情報 ロータリー財団 クラブ奉仕 職業奉仕 社会奉仕 新世代奉仕 国際奉仕 米山記念奨学会 IT

    District 2830

A Global Network of Community Volunteers

〔ガバナー・エレクト紹介〕

山崎淳一やまざき・じゅんいち)
1953年1月11日生

ロータリークラブ関係 略歴
1991年7月   五所川原ロータリークラブ会員(現)
2001-2002年 五所川原ロータリークラブ幹事
2002-2004年 RI2830地区ローターアクト委員長
          〜2期連続
2005-2006年 五所川原ロータリークラブ会長
          ロータリー財団 ポール・ハリス・フェ
          ロー
1999年4月   財団法人ロータリー米山記念奨学会
2003年1月   米山功労者




履歴事項
1978年10月 村上純一税理士事務所入所
1978年12月 税理士試験合格
1980年11月 税理士登録
1980年11月 村上・山崎税理士共同事務所に改称、
         その後山崎淳一税理士事務所所長
         (現)
1989年1月   褐o営情報センター  代表取締役
         社長(現)
1992年4月  五所川原街づくり  代表取締役
         副社長(現)
         同じく、エルム街ショッピングセンター
         管理本部(現)
2004年11月 五所川原商工会議所副会頭(現)
2007年6月   東北税理士会監事(現)
 このたびの増田尚紀ガバナーエレクトの急病により、急遽11月に後任にご推挙いただきました。まずは、突然の出来事の中ここまでご支援いただきした多くの皆様に感謝申し上げます。

 今の心境をそのまま申し上げますと、残念ながら近年、ロータリーは多くの問題を抱えているような気がしますし、ロータリーはこうでなかった、ロータリーの魅力が失われてきた、そういう声をよく耳にします。
 これは、当地区、あるいは日本だけでなく世界的な傾向でもあります。確かにこの10年を見ても、世界は政治・経済・文化のあらゆる分野で劇的な変化を遂げており、ロータリーもその環境変化に適応できないでいるというのが現実だと思われます。
それでは今何が必要でありましょうか。
最新のあるいは高度な知識や技術でしょうか。   私はそうでないと思います。 よく、会社経営に行き詰ったときは、会社創立の原点に帰れといわれます。
 ロータリーも同じではないでしょうか。

 「ロータリーは何か」と問われれば「親睦と奉仕活動を通じて自分を磨く場所」私にとってはこの言葉が原点であります。そして、ロータリーに関われば関わるほど自分自身を高めてくれる、そう信じてこれまでやってきました。
 さらに、100年を超えるロータリーの歴史の中で多くの先輩達が築き上げてこられた「奉仕の理想」や「人道的・教育的な数々のプログラム」はこういう時代だから低迷してもしょうがないのではなく、こういう時代だからこそ光輝くのだと信じています。
 我々ロータリアンひとりひとりがロータリーの原点あるいはに基本に返り、ロータリーの心を見直す時ではないでしょうか。
その積み重ねが「ロータリアンの英智を高め・クラブの活性化を実現し・さらに社会の繁栄 そして世界の平和」へとつながっていくのだと確信しています。
 この想いを今後の活動の中で実践していくことをお誓い申し上げ就任のご挨拶と致します。

ガバナーエレクト就任のご挨拶
山崎淳一(五所川原RC)
2008−2009年度ガバナー事務所

〒037-0044 五所川原市元町46-1 山崎税理士事務所内
TEL0173-35-2005 FAX0173-34-6565
E-mail:ri2830.g@aroma.ocn.ne.jp