国際奉仕委員会 of 国際ロータリー第2830地区 2010-2011年度ガバナーホームページ

国際奉仕委員会

白山 春男委員長(十和田東RC)
この度、地区国際奉仕委員長を拝命致しました十和田東の白山春男と申します。年間よろしくお
願いします。
さて、国際奉仕委員会ではRI会長が提唱しております、保健飢餓・水等の問題に理解をおいた活
動を重点に進めて参りたいと思います。
この理解こそがロータリアンの第一歩であり、そこから具体的な活動が生まれるものと信じており
ます。国内紛争による難民の増加、取り分け弱者の立場である子供たちは、日々命の危険にさらされ
ながら、食料もほとんど無い状況であり、それにつけこんだ人身売買も横行しております。また飲料
水に適さないと分かりつつ飲まなければならない状況におかれている人々、必要な医療を受けること
が出来ない人々と、世界には数え切れないほどの問題があります。ロータリアンとしてこれらの問題
を前向きに考え、少しづつではありますが活動を展開したいと思っております。
どうぞ地区内ロータリンの皆様、今後とも国際奉仕委員会に対してのご理解と、そしてロータリー
財団へのご寄付をよろしくお願い申し上げます。

識字率向上コーディネーター 富岡 義勝(八戸RC)

パイロット地区へ移行により、従来のマッチング・グラントはグローバル補助金という具合に
衣替えをします。この補助金を利用し、タイ3330地区との協同で識字率向上プロジェクトに挑戦した
いと思います。マレーシア国境付近の学校では、イスラム教の影響で、タイ語の読み書きができない
生徒が多数いるそうです。R財団『未来の夢計画』
の6重点事項の一つに基本的教育と識字率向上
というのがあり、3330地区のロータリアンと心一つにこの人道的・教育的プロジェクトに着手したい
と思います。
幸いにも、当地区に度も足を運んで下さった、アジア地域識字エリア・コーディネーターのサオ
ワラ・ラタナビッチPDGに全般的なご指導をお願いできることになりました。今回の経験を生かし、
ゆくゆくは日本国内の外国人居住者に対する日本語教育にもつなげていけるようにしていきたい
と思います。

行事
10月19-22日の予定で、タイ・バンコクでプロジェクト開始の式典が行なわれる予定ですので、希望
者とともに出席にいきたいと思っています。詳細が決まり次第おしらせいたしますのでご参加くださ
いますようお願い申し上げます。