ガバナー

挨拶

 私は青森モーニングロータリークラブに入会して7年、やっと本年6月に会長の任務を終えガバナーの資格に達したというロータリアンの駆け出し者なのですが、皆様にそれをご承知の上で推挙して頂きましたので覚悟を決め、2015−2016年度ガバナー就任に向け懸命に勉強中であります。

私は大学医学部あるいは付属病院と言う極めて狭いところで45年間働き、ロータリークラブに入会して初めて他業種の方々と親しく接する喜びを満喫していたところでありましたので、残念ながらクラブの活動のみで地区の活動にはほとんど関わった事は有りません。

特に地区リーダーシップの理解が足りませんので、現在あらゆる全国、地区の行事に参加しながらロータリー活動の実際を理解しようと努力しています。

 ロータリー活動の中心を担ってこられた先輩諸氏には今後共厳しくご指導、ご協力下されますよう重ねてお願い申し上げます。

鈴木唯司(青森モーニングRC)

経歴

1939年(昭和14年)3月1日生まれ(満75歳)
1964年(昭和39年)3月弘前大学医学部卒業
1969年(昭和44年)3月弘前大学大学院医学研究科修了
医学博士
1989年(平成元年)4月弘前大学医学部教授(泌尿器科学)
2001年(平成13年)4月弘前大学医学部付属病院病院長併任
2004年(平成16年)3月同上退官 弘前大学名誉教授
2004年(平成16年)4月財団法人(現公益財団法人)鷹揚郷青森病院 総医長  現在に至る

ロータリー歴

2007年(平成19年)2月青森モーニングロータリークラブ入会
2009〜2010年度クラブ幹事
2013〜2014年度クラブ会長
<ロータリー財団>マルチプル・ポール・ハリス・フェロー
<ロータリー米山記念奨学会>米山功労者
<ロータリー・フェロー・ソサエティ>会員

趣味

音楽(オペラ、ジャズ)